お手製エフェクターケースを作ってみた

はいはい、ギター中村です。

ハートポップで久々にバンド活動を行いエフェクターを使用したプレイを行う上で気になる問題。

それはエフェクター多すぎ問題です。

チューナーや歪み、ワウ、ソロ、ディレイなどなどを使用しているわけですが、市販のエフェクターケースではエフェクターボードを収納することができなくなってしまいました。

アンプでコーラスを作るとかいろいろ工夫すれば収まるのかもしれませんが……

趣味のDIYを活かせるチャンスだと感じ、思い切って自作のエフェクターケースを作ることにしました。

我が家から車で5分にあるホームセンターで大きめの板を購入。

あらかじめサイズを測っておいたエフェクターボードのサイズに合わせてケースを組み立てていきます。

ホームセンターでは木材のカットをスタッフの方がやってくださるので真っすぐ板を作ることができたので良かったです。

主に木工用ボンドと釘を使用して箱を作ります。

今まで使っていたエフェクターケースと比べてみるとかなり巨大なケースができそうです。

重さなどが気になりますが、筋トレして強くなればいっか…なんて楽観的に作成をしていました。

組み立てが終わったら開閉用の金具をつける前にエフェクターケースを塗装します。

外壁用のペンキ使用し水対策もしっかりと行います。

一重塗りだと塗装がまだまだ甘いのでしっかりと二重塗り。

塗装が終わったらペンキが完璧に乾くまで二日ほど乾燥させます。

乾燥が終わったら取っ手などの金具類を取り付けてほぼ完成。

味わい深い世界で一つだけのエフェクターケースが完成しました。

しかしこのままだとエフェクターボードに入れたさいにエフェクターボードやエフェクターにダメージがありそう。

そこで100円ショップで買ってきたクッション性の高いアルミシートを貼り付けることにしました。

見た目もなかなかゴージャスになっていい感じ。

後は外装にバンドマンっぽいシールなどを貼ってお洒落度をあげようかんと考えています。

 

市販では販売されていないサイズのケースも自分で作ってしまうことができるので、エフェクターケースに困っているギタリストの方々はぜひ参考にしてください。

作業は時間がかかりますがとても楽しかった。

こうしてギター愛がどんどん深まっていくわけです。

PS: 新曲製作やレコーディング等々やりたいことだらけでありやす

ギター 中村